日本はこれからどこへ向かうのか。答えは子供たちが持っている。 想像は知識よりももっと重要である。知識には限界があるが、想像は世界を巡る。Albert Einstein 私たちは、今までになかったものを夢見ることができる人々を必要としている。John.F.Kennedy 志がなければ、学問は完成しない。諸葛亮孔明 世界で起こってほしいと思う変化に自分自身がなりなさい。Mahatma Gandhi 我々は、日本の将来を担う子供たちの教育を通して、社会に貢献します。Global Reach

グローバル社会を生き抜く人材育成を目指す教育機関

グローバル・リーチは、グローバル化が進展する国際競争社会を逞しく生き抜く人材育成を目指す教育機関です。手段としての英語教育に甘んじることなく、世の中の事象に広く視野を拡げ、深く掘り下げ、子供たちが自らの考えを醸成できるようにすることが、私たちが追い求める教育の目標です。

子供たちが、グローバル化が進展する社会において逞しく成長し、今後の日本の進むべき道を示してくれるようになることを願っています。

そして私たちは、このことを通して社会に貢献することを事業目的としています。

注目コンテンツ

時事問題研究 小中学生コース

最近、グローバル人材やグローバル教育という言葉をよく耳にします。同時に、英語の社内公用語化を実践する企業が増え始め、グローバル化=英語習得、のような印象を受けます。一見、正しいようですが、国際金融の現場に長年いた私には奇異に映ってしまいます。外資金融機関には英語がネイティブ並みに上手な日本人は沢山います。

では、彼ら/彼女らが自らの能力を活かして仕事をしているかと言うと、している人もいればそうではない人もいます。英語を話せない日本人はどうかと言えば、勿論程度にも依るものの、英語ネイティブの人と同様、活躍している人もいれば、そうではない人もいます。

では、グローバル化した社会で活躍するか、そうではないかを決めるものは何か、私はこれが重要なポイントだと考えます。私自身の考えでは、それは、コミュニケーション能力です。コミュニケーション能力とは、口頭だけでなく、メールや正式な書面等も含めて自身の考えや意見を適切に相手に伝え、相手の意見も聞き入れた上で最適な解決策を見出す能力だと定義しています。

留学 女子中学生・高校生

女子中学生・高校生対象 サマープログラム2015 

~素晴らしい出会い、感動と最高の思い出を持ち帰ることができました~

グローバル・リーチは、2015年7月・8月に、オーストラリアの首都特別地域のトップスクールとして名高いCanberra Girls Grammar School (CGGS)と共同で、サマープログラムを開催しました。

中学生コースは、7月25日(土)出発、8月9日(日)帰国の16日間。

高校生コースは、8月8日(土)出発、8月23日(日)帰国の16日間。

現地の生徒と机を並べて学び、敷地内にある寮で一緒に生活する、素晴らしいプログラムになりました。

授業は、英語の集中レッスンに加え、現地の生徒が実際に受講している数学や経済、サイエンス、スポーツなどのクラスにも1人ずつ参加させていただき、正規の運動会にも飛び入り参加させていただいたりと、非常に充実したものになりました。

中学生・高校生 英語教育

英語のスピーキング・ライティングを伸ばします

英語のグループレッスンに満足していますか?「5,6人の少人数レッスン」と謳っている英語教室でさえ、受講者は限られた時間しか講師と直接の接点を持つことができません。15~20人のクラスとなると、スピーキングの効果はほぼゼロと言っていいと思います。本プログラムは日本人の弱みであるスピーキングとライティングの力をマンツーマンレッスンにより徹底的に引き上げます。日本人は英語のアウトプット、つまりスピーキングとライティングがリーディングに比べて弱い傾向にあります。一方、海外留学先や社会に出た後に必要となる英語のアウトプットに関する重要性の認識は高まっています。弱点であるスピーキングとライティングをマンツーマンで鍛え上げ、海外の大学が求めるアウトプットを強化するレッスンを受講してみませんか?

ご興味をお持ちの方はお問い合わせください。

☎ TEL

ページ

Subscribe to 注目コンテンツ

事業紹介

女子中高生留学
小中学生コース
英語教育部門
幼児教室

ページ

ニュース

Subscribe to ニュース

イベント

Subscribe to イベント

ブログ