大学教員向け英語での講義サポート

 

英語講義の依頼増加

世界にすそ野を広げようとする大学では、教員に対して英語での講義、欧米式の授業スタイルの実施、そして従来以上に国際学会でのプレゼンテーションなどを求め始めているようです。グローバル・リーチでは、大学教員がこの急激な転換期を乗り越え、国際社会に通用する学生たちの輩出を目指せるよう、先生方のサポートをします。

毎年応用できる英語講義ツールの作成のお手伝いとディスカッションを含む英語による講義への自信を育むサービスを提供しています。

 

英文シラバス作りサポート

  • 先生が日本語でご用意されたシラバスの英訳サポート、もしくは英文のネイティブチェック
  • 欧米の大学で使われているシラバスの内容と構成を把握したうえでの適切なアドバイス

 

英語カリキュラムの教材選びと編集サポート

  • 講義の目的、学生の英語レベルと関心、先生の英語レベル等を考慮し、教材に適切な書籍、ケース、英文記事、ネット上のビデオなどを探し提案
  • 英語ネイティブ向けに書かれた英文記事、ケース、書籍等を日本人学生の英語レベルに応じて編集

 

講義前に英語でのスカイプ・ディスカッション

  • 先生がご用意される講義スライド等の教材をベースに、講義トピックをマンツーマンで模擬ディスカッション

 

日本人学生に英語で講義・ディスカッションを行う際の効果的な教授法

  • 「語学のハードル」、「新しい学問を学ぶハードル」を超えることが求められている日本人学生。彼らの成功を促す効果的な教授法を学生の英語レベル、先生の英語レベル、そして講義の目的を考慮したうえでアドバイス

 

講義スライドの英訳・ネイティブチェック

  • 講義で用いるスライドの日本語から英語への翻訳、もしくはネイティブチェック

 

First Step:

ヒアリングを通して先生の構想・ご要望をしっかり理解したうえで、カスタマイズされたサービスをご提案いたします。

スカイプ、もしくはお電話でヒアリングを行います。スカイプをご利用されたことがない場合は、予めお電話にてスカイプのPCへのダウンロードや登録手続きのサポートをいたします。

お問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。またはメール・お電話でお問い合わせいただいても結構です。

e-mail:  info@global-reach.co.jp

TEL:     03-3723-0760

 

教員の声

私立大学院の先生

大学レベルの内容を学生に英語で講義しても使用する英語があまりにも難しく、意見どころか、ほとんど学生の頭に残らない状況でした。グローバル・リーチに相談したところ、使用する教材から、その教材の適切な英語レベルへの書き換え、そして選んだトピックに対して実際に一対一のスカイプ・レッスンを英語で行い、講義前の私の自信につながりました。お陰様で初めてだった英語講義のクォリティーは格段にあがり、学生も得るものが大きかったと確信しています。また、一度作ったカリキュラムは毎年応用できることもあり、非常にコストパフォーマンスの良いサービスです。

 

国立大学の先生

今まで英語での講義・ディスカッションをしたことがない私、そして同じく英語での講義をおそらく経験したことがない18、19の学生、果たしていかに90分のコマを使うのが正しいのか迷っていました。この悩みをグローバル・リーチと相談した結果、ディスカッションに慣れていない日本人学生から英語で意見を引き出す方法など、日本人の社会性を踏まえた教授法をアドバイスしてくれました。自分自身がこれらアドバイスを取り入れる中、英語講義の成功要因を自ら体感し、授業の質が上がる実感を持ちました。来年に向けて、そして今後の教授としてのキャリアに向けて、質の高い英語講義を自分の武器として装備できたと思っています。